雨漏りは目視でわかる場所周りの広範囲で行うの詳細

> 雨漏りは目視でわかる場所周りの広範囲で行う

雨漏りは目視でわかる場所周りの広範囲で行う

雨漏りは原因追跡が難しいといわれています。恐らく屋根が劣化して、どこからか雨水の浸入があって室内に水が漏れてくるということだと推測できますが、それがどこからのものなのか場所を特定するのが難しいのです。

瓦屋根やスレートなどがひび割れていてそこから水が漏っていると考えられますが、必ずしも目視で確認できる大きなひび割れが原因であるか分からない場合も多くあります。

それゆえに雨漏り修繕を行うときはその割れめだけを埋めるような補修方法でなく原因と考えられるある程度広範囲を修繕するという方法がとられることが多くあります。

屋根の修繕となるとどうしても作業も高所であり、部分的な作業を行ってもその箇所が原因でない場合は雨漏りが止まることはありません。その部分的な作業を繰り返すよりもある程度の広範囲をカバーして作業を1回にしておくほうが費用的にも労力的にも効率的だというのも理由にあります。

屋根は高所になるので作業も足場が必要であったり、例え職人でも危険な場所であることは違いないのでそう何度も作業するというわけにはいきません。

また水の流れというのもなかなか確認しにくいこともあり、防水のために屋根の作りというのは思っている以上に手の込んだ作りになっています。屋根や瓦は雨水がきちんと流れるように貼られていて、逆流したり、隙間から水が下に落ちないようになっています。

また、スレートや瓦の下には防水シートをさらに強いてより万全にしていますが、それでも雨漏りが発生することもあります。雨漏りがなかなか発生しないように複雑な工夫をしているという反面、それがまた雨漏りが発生したときに原因を特定することが難しい原因になっている場合もあります。

屋根の形状もいわゆる三角の切り妻屋根でなく複雑な形状の屋根であったり、ビルなどの平屋根などの防水も独特の方法があります。雨漏りの修繕がうまくいかないことがあるといわれるのは雨漏りの原因場所をなかなか追跡できない難しさがあるからです。